2010年09月22日

「上層部もムチャな作戦を考えたものだ」

秋葉原のラジオ会館では色々な店でカプセルトイやブラインドボックス(箱を開けるまで中身がわからない)のフィギュアなどがばら売りされています。定価よりも割高ですがダブリや外れのリスクを考えれば妥当かと。

今日買ったのはこれ。

valken1.jpg

スーパーファミコン用ゲームの傑作『重装機兵ヴァルケン』より、主役メカの「ASS-177Aヴァルケン」です。タカラトミーの『ビデオゲームロボティクスSP』というシリーズの中の一品(というか二品)のようです。「のようです」と推測なのは箱や説明書の類が一切付いてなかったからです。

出自はともあれ、出来はなかなか良いです。色は見ての通り水色と緑色ですが,これはそれぞれソフトのパッケージと実際のゲーム画面をイメージしたもののようです。

valken_package.jpg valken_ss.jpg

valken2.jpg

全身に関節が仕込んであり、かなり自由にポーズを取らせることができます。やっぱりロボは動いてなんぼですな。

valken3.jpg

足首は左右に傾けることはできませんが,爪先や踵がよく動くので接地に問題はありません。

valken4.jpg

足裏のホイールもこの通り。実に良い買い物でした。



posted by カネツキマコト at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。