2006年04月15日

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU 第17話

ツワブキ・ダイヤは漢字で書くと「石蕗大哉」だそうです。

注意!ここから先の内容は,第17話のネタバレを含んでいます。

■あらすじ

ガイキングに頼り切った大空魔竜の戦力を強化するために加わった新戦力。しかし彼は「死神」とも仇名される危険な男でした。

■見所&感想

・冒頭から大ピンチ
空中で敵鉄獣に組み付かれて身動きが取れないガイキング。こうなると決定力に欠けるサポートメカ達は圧倒的に不利になります。
ガイキングを封じられるだけでまともに戦えなくなる大空魔竜。この状況を何とかしようというのが今回のキモです。

・巨大レバーを戻すシズカさん
初期の話では,戦闘に入る直前に大空魔竜の機関室でシズカさんが巨大レバー(エンジン出力切り替え用?)を力いっぱい押し下げるカットが何度が流れていました。
そして今回,戦闘でダメージを負ったダイヤを医務室に連れて行くルルの前景に,レバーを戻すシズカさんを入れ込むことで,戦闘終了直後であることを強調しています。
こういう「お約束」を利用した演出は好きですね。

・妙に甲斐甲斐しいルル
「大丈夫だ」と言い張るダイヤを無理矢理寝かしつけるルル。設定では13歳だそうですが,既に世話女房の風格すら漂っています(笑)
しかしダイヤはルルの目を盗んで,下着姿で通風孔から脱出します。因みにダイヤはボクサーブリーフ派でした。時代だなぁ…

・シズカさん着替え
いつぞやの水着といい,何気にこの姐さんが一番サービスシーンが多いような気がします。といっても放送時間が日曜朝だから,エプロン外して襟元のボタンを外すのが精一杯ですけど。
お色気で終わらない(通風孔に潜む何者か=実はダイヤの気配を察するや,50kgはありそうなダンベルを投げ付ける)あたりがシズカさんらしいといえばらしいです。

・誰にも気付かれずに自室=機関室の隅のテントに辿り着くダイヤ
艦内の裏道を通る辺りは第6話を思い出させます。ちゃんと過去の経験が生きてるって感じですね。

・ルルの必殺技
病室を脱走し,空中都市ザンガエル(判り易く言えばラスベガス+歌舞伎町+サイド6)に遊びに行こうとしたダイヤですが,運悪くルルに見つかってしまいました。慌てて逃げようとするダイヤをルルは包帯を投げ付けて縛り上げてしまいました。哀れダイヤは病室に逆戻り(通風孔は板で塞がれています)。

・おめかしキャプテン
ザンガエルに遊びに新戦力を迎えに行くだけなのに,何故か正装しています。仮面もいつもと違って,冠状構造物が小さい上品な感じのものに変えています。
同行を申し出たリーさんとピュリア一家もしっかりめかし込んで,遊ぶ気まんまんです。特にピュリアなんか目のやり場に困るドレスを着て,とても15歳には見えません。ていうか未成年を夜遊びに連れ出すな>キャプテン

・リムジンっぽい乗り物でザンガエルに向かう一行
何故かキャプテン自らが運転しています。普通こういう時は偉い人は後部座席にふんぞり返っているものなのですが。

・「これがダリウスルーレットだ」
でも何故か盤面に書かれているのは地上界の文字。

・新戦力ディック
登録ナンバーは…
astro.jpg
でも惜しい事に(?)搭乗メカの名前は「キルジャガー」。ネコ科だけど獅子じゃありませんでした。
jaguar.jpg
因みにキャプテンはディックを「一匹狼」と評していました。
wolf.jpg
獅子なのかジャガーなのか狼なのかはっきりして欲しいです。

・過去の悪事
どうやらディックは以前ルルに対してもちょっかいを出していたようです。詳しい事はわかりませんが「初めての相手はダイヤではない!このディックだーーーーーッ!」という事のようです。



posted by カネツキマコト at 17:25| Comment(3) | TrackBack(0) | ガイキング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
221.247.248.152
URL:
DATE: 04/15/2006 22:51:18
番組開始当初からリメイク版と割り切って『ガイキング』を拝見させて頂きましたが、今回は納得出来ない物を感じました。ガイキングを封じられるだけでまともに戦えなくなる大空魔竜。それを打破する新戦力というのが、デイックとキルジャガーと言うのは彼の人柄と17話のラストシーンでの串刺しシーンを見る限り納得できません。自分に言わせればデイックとキルジャガーを再スカウトするより旧作に準じて大空魔竜自体を強化した方が理に適っていると思うのですが・・・・。例えば腹から迫り出すジャイアントカッター。ハッチに装着するビックホーン。ガイキングパート3離脱後の代替頭部のブオーグアイ。そして、ガイキングも使用可能のミラクルドリルも総動員するなど、これ等の武器群を持ってすればデイックとキルジャガーなんか御役御免だと思うし、ダリウス軍なんか恐くないと思うのですが・・・・。とは言え他の人だとここで視聴中止かもしれませんが、自分は最終回まで今後の成り行きを見守ろうと思います。
P.S遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。自分はこのサイトを今後とも楽しみにしています。余談ながら、予算にゆとりがあれば6月に再生産されるであろう超合金魂GX‐05R大空魔竜ガイキングが欲しいと思う今日このごろ・・・。(ただし、旧作の世界観と設定で製品化されているので、ステインガー、サーペント、クラブバンカーはガイキングの規格に合わせて自作する必要がある。)
Posted by n.k at 2070年01月01日 00:00
貴方が『ガイキング』の視聴(もしくは感想を述べる)を止めている間に更なる変化があったのでここで簡単な追記を述べておきます。
自分が以前旧作の武器を再登場させた方が理に適っていると述べましたが皮肉にも26話以降に登場した大空魔竜のプロトタイプである大地魔竜バルキングと天空魔竜ライキング(旧作風に例えるとこうなる。)のメイン武装となってしまったのです。ガイキングも使用可能のミラクルドリルは大地魔竜のメイン武装となり、大空魔竜が腹から迫り出していたジャイアントカッターは28話で登場した天空魔竜のメイン武装となり味方に回せば頼もしい武装ですが、敵に回せば恐ろしい武装だと思います。なお、27話においてEDも一新となり、29話でもOPも歌こそ『GAIKING』のままですが、バック画が一新しよりハイテンションな物になりました。今更感想を求めるのは酷かもしれませんが、今一度『ガイキングLOD』を見直して欲しいと思います。
Posted by n.k at 2006年07月20日 18:44
貴方が『ガイキング』の視聴(もしくは感想を述べる)を止めている間に更なる変化があったのでここで簡単な追記を述べておきます。
自分が以前旧作の武器を再登場させた方が理に適っていると述べましたが皮肉にも26話以降に登場した大空魔竜のプロトタイプである大地魔竜バルキングと天空魔竜ライキング(旧作風に例えるとこうなる。)のメイン武装となってしまったのです。ガイキングも使用可能のミラクルドリルは大地魔竜のメイン武装となり、大空魔竜が腹から迫り出していたジャイアントカッターは28話で登場した天空魔竜のメイン武装となり味方に回せば頼もしい武装ですが、敵に回せば恐ろしい武装だと思います。なお、27話においてEDも一新となり、29話でもOPも歌こそ『GAIKING』のままですが、バック画が一新しよりカッコイイハイテンションな物になりました。今更感想を求めるのは酷かもしれませんが、今一度『ガイキングLOD』を見直して欲しいと思います。お願いします。
Posted by n.k at 2006年07月20日 18:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。